プールも温泉も嫌い。タンクトップも着たくない。

コンプレックスのかたまりだった私は
貧乳とからかわれて傷つくことが多かったのです。


エステやバストアップサプリも高すぎるし
バストアップ体操も意思が弱くて続かない。
かといって豊胸手術やホルモン剤はリスクも大きいし・・・


そんな私が悩んだ末に見つけたのが
このバストアップマニュアルでした。


最初は、「なんか、うさんくさいな・・・効果がなければどうしよう。」
「今まで色々試したのと同じなのでは・・・」と迷いました。


でも180日間の無料サポートや、効果がなければ全額返金保障!!
というのに惹かれ、思い切って試してみることにしました。


すると開始2ヶ月あたりから、まるで10代のころに
タイムスリップしているように胸が張って痛くなってきたんです。


しかも目に見えてバストがアップして、今ではこの私にも憧れの谷間が!!


そして65Aカップの私が、Dカップになった時のうれしさ!!


バストアップに1番大切な●●バランスを整えるコツや、
1日10分程度の超簡単なバストアップ法が
根気のない私にもぴったりだったようです。


スカート1枚買ったつもりで始めた
このバストアップ法が私に自信と喜びをくれました。


私のように小さな胸に悩んでいるあなたも
この感動をぜひ体験してください!!


元婦人科薬剤師の三浦さんが教えてくれました!
安全で簡単な豊胸・バストアップ法・くわしくはココをクリック


女性の中途採用・転職とキャリアアップ

少し前までは、転職ということが世間に認められてなく、一つの会社に長く勤めていることが良いとされる風習がありました。
確かに、同じ会社に長く勤めるのは良いことです。しかし、転職によってキャリアアップを目指す、ということも、同じように注目されています。転職において、男性に比べ女性が特別不利ということは少なくなってきています。

とはいえ、中途採用者への評価が厳しい会社もあり、男性に比べて女性の転職が不利なポイントはいくつかあります。また、女性の転職が不利なことも、まったくないわけではありません。それは結婚や出産です。いくら男女の就職に対して差別がなくなったとはいえ、女性は適当な年齢になると「いずれは結婚して、出産するのだろう」と見られることがほとんどだと思います。

20代半ばから後半にかけての年齢の人ですと、特に「雇ったのはいいが、直ぐ結婚やなにやらでやめられるのではないか?」と思われることも多いようです。ですから、条件が一緒の男性と女性では、女性のほうが不利になってしまうんですよね。また、子供がいると、子供に関わる行事や病気などで遅刻や早退などが増えてしまうということもあります。

本人にそのつもりがなかったとしても、以前から働いていらっしゃる女性が、その様な理由で退職したり、遅刻や早退などが多かったりしたら、やはり会社としては、敬遠しがちになってしまい、女性であるということが不利になってしまいます。
従って女性であるということが不利となってしまいます。適齢期ともいえる女性でしたら、転職の際にはそのあたりについて、充分にアピールする必要があるでしょう。
専門性の高い資格やキャリアなどを得て、採用する会社側から見ても魅力的なもの用意し、ある程度の計画性を持った上、さらに貯蓄なども多少は蓄え、キャリアアップを目指すのが最良だと思います。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/7506129