プールも温泉も嫌い。タンクトップも着たくない。

コンプレックスのかたまりだった私は
貧乳とからかわれて傷つくことが多かったのです。


エステやバストアップサプリも高すぎるし
バストアップ体操も意思が弱くて続かない。
かといって豊胸手術やホルモン剤はリスクも大きいし・・・


そんな私が悩んだ末に見つけたのが
このバストアップマニュアルでした。


最初は、「なんか、うさんくさいな・・・効果がなければどうしよう。」
「今まで色々試したのと同じなのでは・・・」と迷いました。


でも180日間の無料サポートや、効果がなければ全額返金保障!!
というのに惹かれ、思い切って試してみることにしました。


すると開始2ヶ月あたりから、まるで10代のころに
タイムスリップしているように胸が張って痛くなってきたんです。


しかも目に見えてバストがアップして、今ではこの私にも憧れの谷間が!!


そして65Aカップの私が、Dカップになった時のうれしさ!!


バストアップに1番大切な●●バランスを整えるコツや、
1日10分程度の超簡単なバストアップ法が
根気のない私にもぴったりだったようです。


スカート1枚買ったつもりで始めた
このバストアップ法が私に自信と喜びをくれました。


私のように小さな胸に悩んでいるあなたも
この感動をぜひ体験してください!!


元婦人科薬剤師の三浦さんが教えてくれました!
安全で簡単な豊胸・バストアップ法・くわしくはココをクリック


面接の化粧の仕方:転職女性の身だしなみ

転職を成功させるなら、社会人として最低限の身だしなみを整えるのは当たり前ですが、女性ならメイクにもこだわり面接では好印象を与えたいところです。メイクはナチュラルメイクが基本です。
ファンデーションは顔色をよく見せるというのを基本に、あまり濃くなりすぎないように注意します。首元と顔色が異なるのは、化粧の濃さを感じさせますので、一体化させるようにしてください。

チークも濃い色は避けます。
顔色が悪いとか、表情から疲れを感じさせてしまうと、面接時の印象もマイナスになりますので、パステルカラーなど、明るく、濃すぎない色を頬の一番高いところにひとぬり程度でよいでしょう。派手な印象を与えないように口紅も濃い色は避けます。
でも、くちびるの色が極端に薄いというのも、全体的に締まらないイメージになってしまうので、オレンジやピンクなどの色であっても、ベージュなどが入ったような色味の落ち着いたものをチョイスしてください。

アイメイクにおいても、同様です。
ブラウン系や赤系など、温かみのある色を使用します。寒色系の青や緑といった派手できつめな印象を与えてしまうので、絶対に避けてください。まつ毛についても、ナチュラルメイクが基本です。
最近はボリュームアップマスカラなどで、まつ毛が長くてボリュームがあることが好まれますが、面接では避けたほうが無難です。マスカラの付けすぎは、濃いメイクの印象を与えてしまいます。マスカラは、ほどほどを守りましょう。

メイクなんて普段どおりでも・・面接は中身重視だろうからと思うかもしれませんが、短い面接時間の中で自分の全てを評価されるのですから、見た目も当然重要なのです。転職するときに、そんなゆとりはないと思うかもしれませんが、身だしなみを整えるということは、面接で良い印象を与えるには不可欠ですので、努力は惜しまないほうが良いようです。